顕在的ストレスと潜在的ストレスの違い

精神的なストレスには、「顕在的ストレス」と「潜在的ストレス」の2つがあります。

自分で感じているストレスは「顕在的ストレス」になります。このストレスは普段から意識しているので、身体に悪影響を及ぼすことは少ないようです。

身体に悪影響を及ぼすストレスは、普段の生活の中でほとんど意識していないような「潜在的ストレス」で、よくよく考えてみると、少しストレスになっているのかな~という程度の内容が多いようです。

昨日のブログ「脳の3層構造」で紹介したとおり、大脳新皮質(理性)の働きが大脳辺縁系(本能)を抑えることがあると書きましたが、人間の心は大きく分けると「感性の心」と「理性の心」が存在します。

だから、「顕在的ストレス」と「潜在的ストレス」の2つが存在してしまうのです。

「理性の心」と「感性の心」が離れすぎると、体は不健康になります。

健康には「理性の心」と「感性の心」の距離が近いことが大事なのです。

てんびんカイロでは、離れすぎてしまった「理性の心」と「感性の心」の距離を近くする心身条件反射療法を行っています。

まだ受けられたことがない方、ぜひ一度てんびんカイロで施術を受けられてみたください!

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ