脊柱管狭窄症で2回の手術

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症と診断された60代の男性が来られました。

腰痛と右足にしびれがあり、
今まで、2回手術を受けられたそうです。

昨日で2回目の施術でした。

昨日来られた時に、
「前回(初めて来られた日)の帰りに駐車場まで歩いて帰ったのですが、
腰痛がなくなってました。びっくりしました。」

脊柱管狭窄症と診断されても、
痛みやしびれの原因は、脊柱管狭窄症と限らないことがあります。

無意識のストレス
⬇︎
脳・神経系の誤作動
⬇︎
痛み・痺れ・自律神経系の乱れ


てんびんカイロプラクティックでは、誤作動に注目して調整をしています。

そのため、手術を受けられた方も調整をすることができます。

昨日はまだ、痛みが戻ってきているところがあるということで、
その痛みについての誤作動の調整をしました。

誤作動は、癖になります。

この「癖(痛みのある状態)」を「健全な癖」に上書きしていかないと、またすぐに元に戻ってしまいます。
そこで、「健全な癖」に落ち着くまで定期的に施術することが必要です。



当院ではこのような対策をしています「当院の新型コロナウイルス対策

本日2020年3月26日木曜日の空き状況は、
10時半から、11時15分から、18時15分からです。
最新の空き状況は、ウェブ予約でご確認ください。

092-292-5525
福岡・博多のてんびんカイロプラクティック整体院
博多駅(博多口)から徒歩6分。

ブログランキング・にほんブログ村へ