頚椎症の男性

頚椎症と診断された60代の男性が来られました。
腕が上がらなくなり、腕を上げても痛みがありました。
病院でのMRIの画像診断の結果、頚椎と頚椎の間が狭くなっているので、手術を勧められたそうです。

頚椎症 腕の痛み 腕が上がらない

てんびんカイロプラクティックには、
今年の1月から来られ、今回19回目の施術でした。

施術ごとに、少しずつ腕が上がるようになりました。
まだ食事の時にお茶碗を持ち上げると、時々痛みが出るそうです。
その動作で痛みが出ないように、誤作動の調整をしました。

無意識的感情・記憶
⬇︎
脳・神経系の誤作動
⬇︎
腕の痛み


病院で「頚椎症」と診断されて手術を勧められても、
誤作動を整えると、痛みがなくなり腕が上がるようになる人は多いです。

痛みやしびれが全くない人の中にも、頚椎と頚椎の間が狭くなっている人は多いからです。

頚椎と頚椎の間が狭くなっていても、
神経を圧迫しているようにMRIで写っていても、
本当にそれが腕の痛みやしびれに影響しているか、疑問を持ち始めている医師もいます。

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」と診断され、手術をするかお悩みの方、
お気軽にご相談ください。



本日2020年5月20日水曜日の空き状況は、
9時から、10時から、以上の2枠です。

最新の空き状況は、ウェブ予約でご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当院ではこのような対策をしています。
・「当院の新型コロナウイルス対策

オンライン施術をしています、詳しくは以下をご覧ください。
遠隔施術(オンライン施術)をご希望の方へ
オンライン施術の方法について

092-292-5525
福岡・博多のてんびんカイロプラクティック整体院
博多駅(博多口)から徒歩6分。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ