長田夏哉著『体に語りかけると病気は治る』

体に語りかけると病気は治る 長田夏哉

久しぶりにおすすめの本の紹介です。

整形外科医である長田夏哉先生の
「体に語りかけると病気は治る」
という本です。

この本のタイトルの通り、
体とメンタル面は影響しあっている
という内容です。



例えば、
ヘルニアで、痛みやしびれがあるということはなく、
「心のクセ」が原因と書かれています。

てんびんカイロで、
以前からお伝えしている誤作動と
同じ考えだなと思いました。




無意識の気持ち・経験
⬇︎
脳・自律神経系の誤作動
⬇︎
各種症状


この本では、
症状の部位によって
傾向が書かれています。

例えば、
・緊張しすぎると、ぎっくり腰になりやすい
・何か迷って足踏みをしていると、足首が痛む
・やりたいことができていないと、手首が痛む
などです。

確かに、
体の部位とメンタル面の傾向はあります。

傾向はあるのですが、てんびんカイロでは、
お一人おひとりの誤作動の反応を見ながら、
どのような気持ちが影響しているか
丁寧な検査・調整を心がけています。

私がこの本を読んで共感したのは
整形外科医という立場でありながら、
体の症状とメンタル面が影響している
とズバリ書いているところです。

普段、私が伝えたいことが文章になっているので、
ぜひ多くの方にも読んでもらいたいです。

しかし現在、この本は
てんびんカイロにありません。

私の家族が読んでいます。

家族が読み終わったら、
本棚に置いて、貸し出しをしていきたいと思っています。

ご縁がありましたら、
どうぞお手に取りください。



にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ