「3回目の施術でジストニアの症状が楽になってきました」

ジストニア 痙性斜頸

ジストニア(痙性斜頸)の方(20代女性)が来られています。

歩いたり、食事の時、
下を向くのが辛いとのことでした。

今回、3回目の施術でした。

いつも、手で首を支えて来られていたのですが、
今回は、手で支えずにてんびんカイロに入ってこられました。

施術前、
「まだ症状はありますが、
だいぶ楽になってきました。」
と言われました。

施術は、3回とも
アクティベータ心身条件反射療法を行なっていますが、

特に、心身条件反射療法での調整に
時間をかけています。




無意識の気持ち・経験
⬇︎
脳・自律神経系の誤作動
⬇︎
ジストニア・痙性斜頸


無意識の中で感じている気持ちや経験が、
脳の誤作動を起こし、首や肩の筋肉をこわばらせてしまいます。

こわばった筋肉を動かそうとすると、
痛みが生じ、それを避けるために、
どちらか向いたままになってしまうのです。



心身条件反射療法で見てみると、
仕事のことや家族のことについて、
体に反応がありました。

体に反応があった気持ちや経験は、
「その気持ちが影響していた」と
認識していただくことが大事です。

そのことを考えないようにする必要もありませんし、
考え方を変える必要もありません。

ただ、そのような自分がいて、
体に影響していたと感じていただくと、
脳の誤作動が起きなくなり、
ジストニアの症状も軽減・消失していきます。

今回の施術後も、
「だいぶ楽に歩けるようになりました」
と言われて帰っていかれました。

この調子で、施術を通して、
快適な生活が送れるようにしていきましょう。




にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ