トリガーポイントブロックで腰痛な治る!

トリガーポイントブロックで腰痛な治る!

風雲舎から出版されている加茂淳医師の「トリガーポイントブロックで腰痛な治る!」という本です。

今までの腰痛の常識を覆す、とても面白い内容です。

加茂淳氏は、整形外科医です。

医者の立場で書かれた本だが、カイロプラクターにも大いに参考になる内容ですし、一般の人にもわかりやすい本になってます。

本の中に以下のように書かれていました。

「筋骨格系の痛みの本態は、筋肉のスパズム(けいれん)による痛みである」

五十肩、顎関節症、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、テニス肘、脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群などは、筋痛症だというケースがほとんどです。


従来の説明だと、
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛のように、
神経を圧迫すると、痺れや痛みが神経に沿って感じられるということです。

しかし、神経は圧迫されても、
その神経自体は痺れや痛みは感じません。

神経の末端に、
痛みを感じる受容器(痛みを感じるセンサー)があり、
そこが刺激を受けることで、
脳に電気信号を送り、脳は痛みを感じるのです。


痛みの悪循環

痺れや痛みを発している場所は筋肉です。

筋肉がスパズム(痙攣)を起こすことで、
筋肉の中の血管が細くなり、血流が悪くなることで、
痺れや痛みを発するのです。


なぜ、筋肉がスパズムを起こすのでしょうか?

それは、脳神経系が誤作動を起こしているのです。


神経圧迫説は、時代遅れの理論になってきています。

てんびんカイロの施術は、
脳神経系の誤作動を整え、
筋肉のスパズムを緩める施術をしています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ