重たいものを持っても大丈夫ですか

画像の説明

椎間板ヘルニアと診断された方から、
「施術を受けた後、
重たいものを持ってもいいですか?」
と質問されました。

「施術後は、普段通りに動いて頂いた方がいいので、
重たいものを持ってもいいです。」
とお答えしました。

脳・神経系の誤作動があり、
体のバランスが崩れた状態で重たいものを持つと、腰などに痛みが出ます。


無意識的なストレス・経験
⬇︎
脳・神経系の誤作動
⬇︎
痛み・しびれ・自律神経の問題 


椎間板ヘルニアがあっても
痛くない人もいます。

椎間板ヘルニアが少しであっても
激痛の人がいます。

そのため、椎間板ヘルニアと
腰痛や足のしびれの関係を
疑問視する医師が出てきました。

てんびんカイロプラクティックでは、
脳・神経系の誤作動により、筋肉がこわばり、
腰痛や足のしびれが起きていると考えています。

脳・神経系の誤作動を整えて、
バランスを整えると、
重たいものを持っても大丈夫になっていきます。

不安なお気持ちだと、
誤作動が起こりやすいので、
無理する必要はありませんが、
誤作動のとれた状態なら
安心して、重たいものを持ってください。




本日2020年1月10日金曜日の空き状況は、
9時から、14時半から、15時15分から、16時から、16時45分からです。


最新の空き状況は、ウェブ予約でご確認ください。


092-292-5525
福岡・博多のてんびんカイロプラクティック整体院
博多駅(博多口)から徒歩6分。