直前の動きや姿勢は、関係ないです

重たいものを持つと腰痛になる

てんびんカイロでは、
症状が起きる原因を
誤作動の結果と考えています。

脳・神経系の誤作動は、
無意識の中で起こります。

無意識の気持ち・経験
⬇︎
脳・自律神経系の誤作動
⬇︎
各種症状


無意識の中で、
いろいろな気持ちや経験が、
たまたま誤作動を起こします。

そして、体をうまくコントロールできない状態になります。

体の痛みやしびれの場合、
脳がその症状のある筋肉を固まらせていることが多いです。

動悸、めまい、不安感、腹痛など
自律神経系の症状の場合、
脳が自律神経系をコントロールできなくなっています。

人は、どうしても症状が出たときの動作や姿勢などに目がいきます。

重たいものを持って、腰が痛くなると、
ついつい「重たいものを持ったことがいけなかった」と思ってしまいます。

しかし、重たいものを持つ前から、
脳の誤作動が起きていて、
腰回りの筋肉をこわばらせていたのです。

痛みが出る最後の一押しが、
重たいものを持ったなど、直前の動きや姿勢だったというわけです。

施術で
脳が誤作動を起こしていた
無意識の気持ちや経験を調べてみると、
直前の動きや姿勢と関係ないことが多いです。

そのため、初めて施術を受けらた方は、
「その時は、そのようなことを考えていなかったです」
と言われることがあります。

しかし無意識は、心の中で9割以上を占めており、
意識していない気持ちや経験が誤作動に影響を与えているのです。

不思議に感じられる方もいらっしゃいますが、
施術を受けていくと、
徐々に感覚がわかってくる方が多いです。

一緒に施術をして、
誤作動を整えていきましょう。



最新の空き状況は、ネット予約またはお電話でご確認ください。



***個人が特定されないために、実際の症状(痛む場所や時間)などを、変えている場合があります。しかし、大事なこと・言いたいことは伝わるように書いています***



♪お陰様で11年♪ 福岡 博多 完全予約制
🚶‍♂️ 博多駅(博多口)から徒歩6分

てんびんカイロプラクティック整体院
☎️ 092-292-5525

慢性症状 心と体 自律神経失調症 アクティベータ 心身条件反射療法 誤作動 無意識

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ