「ぎっくり腰の痛みが引くまで、安静にした方がいいですか」

ぎっくり腰

ぎっくり腰の方から、
「痛みがひくまで、動かない方がいいですか?」
と質問をいただきました。

いいえ、
動かせる範囲・我慢できる範囲で
動かしてください。

なるべく普段通り動いた方が、
腰痛は早く治ります。

安静は回復を遅らせる
(Malmivaara A. et at : N Engl J Med, 1995)

上のグラフは、
「安静にしたグループ」
「ストレッチをしたグループ」
「日常生活をつづけたグループ」
以上の3つのグループに分けて比較した追跡結果です。

3週間後と12週間後に、
痛みの度合いがどのくらい残ったか
比較しました。

すると、最も痛みが少なくなったグループは、
日常生活を(我慢できる範囲内で)続けたグループでした。

ぎっくり腰になると、
少しでも動かしたら激痛が走り、
「動かさない方がいいのかも」
「また痛みがひどくなったらどうしよう」
と不安になると思います。

しかし、研究の結果から、
なるべく動かした方が、
早く治ることがわかってきました。

ぎっくり腰は、
・重たいものを持った
・何かを拾おうとした
・中腰になった
など、腰を使ったときに起こることが多いです。

しかし、
ギクっと痛みが出る前から、
脳が誤作動を起こし、
腰回りの筋肉が微妙に固まっていたのです。

筋肉が硬くなっているところで、
無理に体を動かして、痛みが発生しているのです。

誤作動がなくなると、
腰回りの筋肉が固まらなくなり、
痛みが引いていきます。

施術を受け、
なるべく普段通り、
動かしてもらった方が早く治ります。

安心して、動いてください。




ご予約は、ウェブまたはお電話でお問い合わせください。




***個人が特定されないために、実際の症状(痛む場所や時間)などを、変えている場合があります。しかし、大事なこと・言いたいことは伝わるように書いています***



てんびんカイロプラクティックでは、
新型コロナウイルスの感染防止ガイドライン
沿った対策を実施しています。

新型コロナウイルス対策対策実施中



【福岡 博多 完全予約制】
🚶‍♂️博多駅(博多口)から徒歩6分
てんびんカイロプラクティック整体院
月火木金 9:00〜18:30 水土 9:00〜13:00
心身条件反射療法 アクティベータ療法
心と体の誤作動を探して調整します

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ